友人の怪電波

怪電波を垂れ流すのは友人の仕業。

10年以上

家のインターネット回線が壊れました。

時々つながるのですが。読み込み中のまましょっちゅう止まります。

色々と原因となりそうなものをつぶしていった結果、回線終端装置か、光電話の機械がこわれたっぽいですよ。

まあ、ネット引いて10年以上たつわけで、色々ボロは出てくるものですよ。

早く治してほしい。

 

さて。ところで、なんですぐに治らないのかというとです。

私には持論があります。

 

「くちからでてくる言葉による伝達ほど不確かでいいかげんなものはない。」

 

たとえば私のハンドルネーム

あやたあるふぁ

を電話で伝えたとします。

ぼそぼそと

「あやたあるふぁです」

と本名ではないので、これは例ですが

私は「あやたあるふぁ」とちゃんと伝わった事がないんです。

「かなたはるかさんですね。」

そんなレベル。

そして、言いたい事すべてを言えた事がないのです。

話さなきゃいけない事をすべて文字におこし、それをよみあげたとして、途中で質問が入ったり、向こうが切り上げようとしたりですべては言えません。

しかも聞き違いまであるので、口伝は骨が折れます。

文字なら取りようはさまざまあれど、文章は一つですよ。

読み手が行間を読むか、読まないか。読解力があるかないか。

たったそれだけ。

面倒になって読むのをやめたとしても、こっちには伝えた証拠が残ります。

聞いてないとは言えません。

・・・・・すみません。これは私の生きてきた環境にもよると思います。

とにかく、文章をおくり、控えを自分でも持っておけば、伝えた証拠は残り、

「聞いていないのではなく、呼んでいないだけだ。」

と、反論が出来ます。ええ、口伝えでなんども痛い目にあってきたので、だからこそしゃべるのが嫌いなんです。

さて、そんな事はいいとして、通信会社とのツイッターでのやり取りの末、ツイッターのサポートではどうしようもないとの事になり、本家サポに問い合わせる事になりました。

「電話してください。」

というサポに私は

「メールやチャットなど、ほかの手段はありますか?」

と。

そして私はメールを選びました。

 

さて。。。。治るのはいつになる事やら。

 

 

それにしても10年ですよ。

彼と知り合って確か15年ちかいのかな。

色々あった。日記読み返して、彼とつきあう寸前の頃とか、彼と共通の知り合いの人との関係を怪しんで泣いたりしっとしたりしてんの。面白いな。日記。文字はおもしろい。

とくに手書きはいいね。

その時の感情、環境、精神状態がすべて文字に出てる。

嬉しい時は、細いけど大きな、かわいい字。

怒ってる時は太いペンで2行を一度に使って4ページほど書いてた。

悩んでたり、恥ずかしがってる時は細くて小さい字でみっちり書きこまれてた。

面白い。

・・・・色々あったんだな、私も。

・・・・・・ってか、こんだけ一緒にいて、いまだに籍入れてないんだぜwwwwwwww

笑うわ。

ふと、何気なく「結婚式 代金」って調べたら、全国平均で244万ぐらいらしい。

え?244万???

244万もあんな曖昧模糊としてふわふわ浮ついた儀式にとんでくの??

やんなきゃいけないなら、神前とかでこっそりやるだけでいいよ・・・

244万も使いたくない。

お互いそれで欲しいもの買おうとかそんなんがいいよ。っていうかそんなお金あるなら貯金しとくわ。

と、ここまでくるとゆめのかけらもない現実ばかりになってしまうのでした。

私からいえることはこれ。

 

夢を見るなら若いうちにどうぞ。

 

ああ・・・げんじつこわい。

 

 

 

鉛筆投げ日本代表チャンポン。

果たして、おいてけぼりは虐待なのか否か。

私にはその辺の難しい事はよくわかりませんが、一つだけ、二つほど・・・二、三言いたい事とか言える事がありますのです。

 

まず、おいてけぼりって、結構危険だって事。

私はまつたけ山に、置いてけぼりを食らった事がありました。

で、山の持ち主がみまわりしてて、保護されて、親が

「山なめんな!」

と言われました。

ようはどういう事かというと、

「山には野生動物もいるし、まつたけドロボーもいる。ドロボーするような奴に保護という名目で監禁されたら躾どころじゃないだろ。」

こういう事。

山は怖いですよ。

そして。

置いてきぼりで子供が受ける影響ですよ。

置いてけぼり、「出ていけ!」など。

ほんと、悪影響ですよ。これは。

正直なところ、多少殴られたりは仕方ないと思う。

ちゃんとした原因があればね。

でも、原因があれどおいていくとか、出ていけっていうのは、完全に放棄じゃないですか。そのあとすぐに迎えに行くとはいえ、放棄されたって感じる訳ですよ。私がはじめて置いてけぼりにされたのは、確か小学生の頃だったともう。(たしか原因は、お菓子をクルマの中でこぼしたとか、俺が眠い中運転しているのに、お前は寝やがってとかそんな理由。)

やっぱりねー、それがきっかけで、少し屈折したと思いますよ。

何度も出ていけって言われたりして、次第に「アッハイ」みたいになっちゃって、ある程度大人になったら

「許可出たので家出ますね。」

って、何度も家出。

 

私が思うに、置いてけぼり、出ていけっていうやつは、虐待でもなんでもない、ただのアホ行動だと思うよ。

 

虐待っつーのはだなー。

顔面にトウモロコシ投げられてヒットして鼻血どぱーとか。

鉛筆投げられて足にぐさーっていうそういう奴だと思うー。(経験者語る。)

 

クルマかった時の話


私「ただいまー。うちのスターレットなくなってるんやけど・・・。」
父「ああ、あれはオートマちゃうし、わし嫌やし。うるさいしな、返してきた。」
私「え・・・返したてどういう事。」
「廃車や廃車。かわりにええのあったやろ。おおきいて楽そうなん。」
私「・・・」
父「なんやその不満そうな目は。」
私「私が貯めて買うたやつ・・・」
父「せやからクラウンこうたったやないか。何が不満なんや。オートマで楽やぞ。」
私「MTがいいのに・・・」
父「しんどいやないか。ギアチェンジめんどくさいやろ。」
私「よりによってクラウンて!!」
父「何が嫌なんや!大体お前は口答えばっかりしおって!そこ座れ!」

(キッチンで薄い水割りを作る。)

父「お前さっき、ためたお金言うたな。それはもともと誰のお金や。だれが稼いだお金や。」
私「バイトと小遣いとお年玉ためてたやつ。。。」
父「まあ、バイトはええわい。半分以上わしが稼いだ金やろが。」
私「半分もいかへんもん。。。」
父「それでもや!わしの稼いだ金つかうんやったら、わしにも決定権あるやろがい。だいたい誰のおかげでメシ食えてるおもとんねん!」
私「・・・(おかんが作ってくれるから)」
父「大体お前は親に対して全然感謝がないのがあかん。**さんとこ見てみい。」
私 「@@ちゃん、超ビッチやんあんななりたないわ・・・」
父「話逸らそう思て人の悪口言うな!!あさましいわ!!!」
私「(知らんからそんな事言えるんやん、だいたい@@ちゃんと比べたん自分やん・・・)」
父「お前はそういう性格悪いとこなおせ。ええな。」
私「クルマどうなんの?」
父「クラウンでええやないかい。お金出したるんや。ありがたく乗っとけ。わしが買たったんや。感謝せえよ。」
私「・・・」
父「ありがとうは?」
私「望んでへん・・・」
父「おまえはなんでそんな反抗的なんや!!わしがこうたった、ありがとう、それでまるう収まるやろがい!」
私「ありがとう。これで満足か。どうせあのアホみたいにでかいので接待の帰りの取引先のおっさん送ったりさせるんやろ。それが嫌やからスターレットこうたのにほんまむかつくわ!!」
父「わしは綾田株式会社の株主で社長や(綾田家の家長という意味)!社員(家族という意味)はいう事きけ!!!」



朝まで生説教

ちなみに。

基本的に復讐は割に合わないという考えですので、誤解なきよう。

死ねと言う言葉は嫌い。

友「あああああもうっ!!!!死んだらええのに!!」

私「人に死ねとかいっちゃいけません!」

友「じゃあなんて言えいうねん!!」

私「河童にしりこだま抜かれたらいいのに。」

友「・・・・」

私「私、死ねって言葉嫌いなんですよ。」

友「お前、死ねって言葉が嫌いやからって、しりこだま抜いたら死ぬよな?」

私「で?」

友「一緒やないか?」

私「じゃあ君は河童が確実に存在し、河童が人と遭遇したら100%しりこだまを抜くと確信してるって事だね。私は河童はいないし、仮にいたとしてしりこだまを抜くスキルを持ってると思わないからあえてその言葉を言ってる。これはいわば「しりこだまぬかれてまえ」≠「死ね」ということにほかならないのですよ。」

友「カッパハイマァス!!」

私「オボタンオボタン!!」

友「いや・・・でもさあ、殺したいぐらい嫌いな人っているやろ?」

私「おらん。お蘭っ!!」

友「御屋形様っ!旗印は水色桔梗です!」

私「光秀か・・・是非もなし・・・」

友「じゃなくて!」

私「いや、ほんとにいないよ。」

友「オマエスゲェナ!」

私「大体考えてみなよ。殺したいぐらい嫌いとして、本当にそれを実行したとしたら、そんな嫌いな奴の為に、あんたは犯罪者になっちゃうんだぜ?それって割が悪いよな。逆にそれすら厭わないぐらい憎くて、罪人になる覚悟があるなら、なぜそいつが死んで終わる最後を望む?死んだらその時点で苦しみは終わりだろ?あんたはさんざん苦しめられたのに、そいつの苦しみは殺された一瞬だけだ。やるなら死なない程度に全力だ。わかるね?」

友「お前恐いわ。」

私「旦那は同意してくれたんだけどねえ。」

友「お前ら怖いわ。」

のんきなとうさん

高校の頃に一度、母が離婚を口にしたことがあって(もちろん父親は知らない)、
その時に幼児の頃の話が出た。

「あんたは覚えてへんかもしれんけど、あんたが幼稚園入るか入らんかの頃に一回離婚考えた事あるんやで。」
「ああ、よっちゃん?」
「えっ!おぼえてんの?」
「ってか、なんで私漢字わかったんやろ^^;」
「気持ち悪い子やなあ。」
「変なもん憑いとんねん。はっはっは。畏れ敬うがいい。」
「悪魔か!」
「でも、別れるんやったら高校出るまで待って。働くし。」
「学校行き。就職するまで待つし。」

そんな会話が親子でなされてるのに、アホみたいにモラハラしまくる父。

ほんとのんきなひとだなあって。

押せイボー

父親から突然お歳暮が来た。
父と離れて暮らすようになってかれこれ15年はたつんじゃないかなー。
これまで一度もそういうのがなかったし、気楽でよかったのに。
なんで突然、今更なんだろう。
あのひとの事だから、見返りを期待してるんだろう。
めんどくさいなあ。きっと口では「いやいや、お返しなんかいい。」といいながら、何か気に食わない事が起きたら
「大体お前はお歳暮も返しやがらん」
と言われるのが目に見えてる。ああ、やだやだ・・・