友人の怪電波

怪電波を垂れ流すのは友人の仕業。

初夏の怪電波

そういえば、お盆なんてイベントもあったなあと思い出して、実家の事を考えてみた。

 

私は、親戚とどうも相性がわるい。父親は5人兄弟の長男で、季節イベントのたびに狭い家に兄弟の家の人が集まる。

もちろんそれの御接待で一日つぶれる。

まず弟1。

奥が動かん。

「私はお客よ」とばかりになんもしてくれん。

 

弟2 

どうもボダのひとらしくときどき挙動があやしくなる。いっちゃ悪いけど、怖い・・・お酒のまないというか、やめたらしく、あとで出てくる妹の旦那(アルチュー)が飲んでるをを血走った目でみてるのが恐怖でしかない。もちろん奥はなにもしないけど、弟1奥よかは(座ったまま)「やりましょうか~?」というだけ可愛いげがある。

 

宗教大好き。

精神論とかでねじ伏せてくるので、うざい。

そしてだんながアルチュー。

うちのおかんが死んでから、張り切り出した。

「お菊さん、これ切って。お菊さんこれだしてきて。もっと早く!もっと細く!ぷぎゃー!!!」

ってなる。

姉貴は子供生んだからなにもしなくていいらしいwwwww

おーけーくそびっ○かかってきやがれwwww

そういえばどこぞの国の議会モドキがヤジで問題になってたなwwww

いっとくが、女同士の方がそういう暴言、もっとひでえだろうがwwww

げふん。

 

まあ、それはいいですよ。

妹の子がひでえんだよっ。

高校ぐらいの時に(お年玉もらえなくなって)お正月とかこなくなってさ、子供できたとたんにきやがんのwwww

子供に「お菊からお年玉もろてこい!」

とかもうねwwwwwww

くそがきがああああああああ

 

 

 

と。

うちの人と籍入れてないからさ、捨てられたりしたら、実家に頭下げてまたこういう人たちと付き合わねばならぬのかーと。

あー・・・・そう思うと、ほんと胃がいたい。

今みたいに、精神的隠居状態がゆるされなくなるんだろうなあと。

やだなあ。すてられないように、ほどほどにがんばるぞ~。