友人の怪電波

怪電波を垂れ流すのは友人の仕業。

たいそうお怒りである体操

ブックマークの整理をしていて、旧友のブログを見つけた。

見てみると、なにやらたいそうご立派な事をつらつらと書いていたので、ツッコミ入れてやろうかとおもったけど、あの人たちの仲間をつつくと、蛇どころか魑魅魍魎のたぐいが出てきてねちねちと精神論と屁理屈が腐ったみたいなことを言い続けられるので、止めておいた。

これの入力ページの右上に【お題】10年とあったので、10年前の事をからめつつ書いていく。

 

10年。あの人たちと知り合ったのは、10年以上前の事だった。

どうやって知り合ったのかも、なんで知り合ったのかも、よく覚えてない。

いわゆる、生き方の傾向が似ているというか、方向性が同じだったというか。

暗いほら穴の中で、手に手をとって明るいほうを目指したつもりだったんだけど、行き着いた先がぜんぜん違ったという感じ。

むしろ言ってしまうと、私が「超うぜぇ」と思って、あの人たち的に「ドロップアウト」したので、行き先が違って当たり前なのかもね。

私はよく、純粋培養とか言われた。自覚がない訳ではなかったけど、特別扱いとかは嫌だったから、あんまり考えないようにしていた。

そんな考えないようにするさまが、さらに純粋培養たる雰囲気をかもし出していたらしい。

だから、リーダーの腰ぎんちゃくみたいなのによく睨まれた。

実質、そんなリーダー格とはすでに目指す方向性が違ったので、まず交わる事すらなかったのだけどね。

そんな人たちとの関係も、4~5年ぐらいで終わった。フェードアウトした。

完全に縁が切れて、約10年。私はその間に、仕事をやめたり、結婚したり、色々あった。

あの人たちからすればくすんだ人生にみえるかもしれないけど、私は今のとこ、満足している。

彼に腹立つこともあれば、それ以上に楽しい事もある。

すでに隠居と自称してるけど、まだまだたのしめる”のりしろ”みたいなのはいっぱいあると思う。

これからも「満足」といえる人生であればいいなあ。

 

ちなみに、ツッコミをいれなかったのは、ねちねち言い返されるのが嫌というよりも、それを満足して楽しんでるんだろうから、今更のこのこ出てきて波風立てる意味も無いなと思ったからだったりします。

 

当時好きだった人もげんきそうだったので、安心です。

ブログをそっと閉じて、ブックマークの削除をクリックしました。