読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友人の怪電波

怪電波を垂れ流すのは友人の仕業。

反省の半生

まいわーくす。 むしろ私の怪電波 友人の怪電波 多少のフェイクは含みます。 怒られそうな事というか怒られる事。 父と私 除虫菊のつぶやき

個人特定を避けるため、フェイクもあります。

空気を読む変な子だった。

全然泣かなかったのはなんとなく記憶のどこかにある。

「迷惑かける」的な事を考えてたような記憶がある。

変に気が付く子だったそう。

たとえば

幼児期に、父親の不倫デートに連れていかれ、相手が母と同じ名前でドン引きしたり。

それを母にチクるのに

「お母さんの名前**やろ?へ~、あの人も同じなまえだ^^」

と、何かをにおわす形でちくったりしてた。

(母も上手で「お父さん、ばれてない思たはるから、言うたらあかんで?」とクギを刺されて、私はそれに従った。本当に幼児と母の会話なのかと。)

 

小低

入学してすぐ、まっかっかお婆ちゃん先生に

「これはいけない歌なので、別の歌を張りましょうね~」

と、国歌に翼をくださいのわら半紙を貼らされる。

挿絵つきだった。

気球に乗った目のつりあがったお子さんと犬が手をふってる絵だったのを鮮明に覚えて

「のりの使い方をお勉強しましょうね~」
と、これでもかってぐらいべたべたに貼らされる。
ちなみになんで?ってのがあったので、四隅ちょん貼りしてこっぴどく叱られた。

学校を休んで、よく病院に連れていかれた。
なんの病院なのかはわからない。毎週水曜日。
電車に乗って病院に連れていかれて、謎の注射を打たれてた。
一年近く通って、私が「注射嫌」と言い出してめたんだけど、姉も父もその事を知らない。未だにあれが何だったのかは分からない。


小高学年
セクハラ教師に体育の時間触られまくる。
発育の良い子がまんまん(何)に指いれられそうなぐらいぐりぐりやられてて吐きそうになった。
親にちくったら軽く問題になったけど、教師が強く否認したので教師の首が飛ぶことはなかった。
その代わり私はしばらくその先生の意向で障害児学級に入れられた。(親には言わなかった)
それが親に知れて、学校に殴り込み。
教頭未承認だったらしい。もちろん、教師は飛ばされた。



体育の時間に器械体操で平均台だったか跳び箱だったかから落ちて怪我をする。
教師「ふざけとらんとはよ立て!!」と言われるが立てない。
教師「**さんは大げさやからwwwwwww」
と、放置され、端でうずくまってる。
授業おわってもうずくまってるのに放置されたので這って保健室に向かう。(クソババアめ・・・・)
途中何人か教師に出会うが「なにやっとんwwww」とバカにされる。
保健室につくと、保険のおばはんが青くなって救急車呼んだwwww
両足骨折してたwww


高校
親友だと思ってた人が宗教関係者で、しつこく勧誘される。
やめてくれというと、仲間の信者を連れてきて「信教の自由がー」とか言い出したので
アンタも私の信教の自由を侵害しているって言ってやったけど
これは正当な不況活動でふじこふじこ言い出したので、用意してたとりの生肉を投げつけて謎の経文(創作)となえて「異教徒は去れ!!!!!」
と言ったら来なくなった。
サタニストの噂が広まった。(orz)

親友が薬物過剰摂取で死去。

父親
「お前は駒」
宣言をされる。
すべてのヤル気をなくす。
部屋に籠ってターペンタインとリンシードオイル(油絵の油)まみれで過ごす。
たぶん、油絵具のすごいにおいだったと思うけど、とくにいじめられたりすることもなく、仲良くしてくれた。
当時の同級生には感謝の言葉をいくら言ってもいいたりないぐらいだ。
たぶん過去で一番学校が好きだった時期かもしれない。
また科学部の部室で飲んだビーカーコーヒー飲みたいなー。


専門
親友が鬱の末に自殺。
親友が全員いなくなりました。

狂信的ホンダラーにしてマカーの友人(友人の彼氏)に軟禁される。
当時乗ってたスターレットをボロカスに言われ、私の使ってたウインドウズをボロカスに言われ、
まるで折伏って感じでトヨタのダメさ、ウインドウズのダメさ。ホンダのすばらしさ、マックの素晴らしさを朝まで語られる。
私の中であホンダらーのクソマカーという言葉が生まれる。

家に帰ると爆音スターレットがクラウンに変身してた。
ああああああああああ・・・私のスターレット・・・しかもオートマ・・・

なにやらキレた父親が近所のおっさんと喧嘩をおっぱじめたので、ワインの瓶を片手に外に出てみるとそれを見た父に
「アルファ!やれ!!」
と瓶で殴れと指示される。
アホじゃねえの?とおもったので壁で瓶わって
「ほら、武器やぞwwwwどっちが先に手にいれられるかなwwww」
と地面にそれを置いて笑いながらクラウンで逃亡。
第一回本格家出(それまでにプチ家出は何回かあった)

近所の賊にクラウンの窓を割られる。
知り合いだったので廃車にかかる代金と車代等をせしめる。
それでミラを買って、その中で寝泊まりすること一年。
「そろそろ帰ってこい」
といわれたので帰る。私が悪い事になっててワロタ。

社会人
母死去
親友に続き母までなくすも泣きじゃくる父をみてると共倒れになる訳にはいかないと泣けなかったが、おかげさまで
「お前は母親の死に一切涙を流さない冷酷な女だ!」認定されました!ありがとうございます!冷酷女いただきました!
第二回本格家出。
奈良、和歌山、滋賀と知り合いの家を転々とするが、仕事先が同じだったので、バレバレ。
京都に戻るもその日に事故る。
幸い軽症で済むも、げんが悪いのでまた引っ越す。
定住する気だったが、2年目に大量リストラの話があがり、その対象者にえらばれ、一か月ほど交渉という説得をされる。
その後はなんやかんやあって、彼んちに転がり込んで、今に至る。と。

ああそうだ。
そんな父親から最近
給与サポート型の保険に入れと言われる。
仕事してないって言ったら、彼の勤め先の事務してる事にしろと。
アホかと。
詐欺やないやい。
コンプライアンス上そんな事できるか。
「私はこの話を聞いてない事にするから、他にもそんな事してるんだったら解約してください。周りに迷惑がかかります。」
というと、ばれないのに。お得なのにとゴネられて本当にこの人はダメだと理解した。
聞いてない事にする?は?誰がそんな事いった?メールも書類も、全部保管済だ馬鹿野郎wwwww